引佐大会 (低学年団体)

f0063216_11142566.jpg

引佐大会は、基本的に団体戦のみ、でも一般は、個人紅白戦です。

以前は、一般も公認試合の団体戦で、しかも入賞すると金一封が出る試合でした。

決勝までいくと7試合ぐらいあるので、昇段を目指す者にとっては、絶好の試合でした、

自分も一日に3点ぐらい稼いだ時もありました。

まぁ~その当時は、ガチンコなので自信が有る若い子が多かったです。

ここ数年、紅白戦に変わってしまったので、40代から20代まで幅広い層が出てきていま

す。

一般の試合を見ていた先生が、「四段の試合は馴れ合いで、三段の試合になったら試合

らしくなったな」と言ってました・・・

まぁ~残念ですが、ストーリーの有る試合をしているみたいです!

話は変わって小学生低学年団体(1・2年生、3人制)ですが、相変わらずの小兵軍団の

育誠館、弱くわないと思いますが、さてさてどうなる事か?

予選リーグ 1回戦
育誠館 3―0 福田
先鋒・栄都がいきなり何を思ったか、組際の内股で一本勝ち!
最近の稽古で、内股をよく掛けてるのは知ってましたが・・・
中堅・弥、大将・海渡も勝ち3―0で勝利!

予選リーグ 2回戦
育誠館 1―0 大東
此処が予選の山場かな?
勝てるとは思うけど・・・もしかしたらが、有る試合です。
三人の気をもう一度引き締めて試合の臨ませました!
先鋒・栄都が良く攻め一本勝ち!
中堅・弥が相手のポイントゲッタ~岩倉を止め、大将・海渡も米川を止め1―0で勝利、予選リーグの1位通過が決定しました。

決勝トーナメント 2回戦
育誠館 3―0 笠井
1回戦は、シ~ドの為に2回戦からの登場です。
1回戦の練武館A VS 笠井戦を勝った、笠井との対戦です。
育誠館が小兵と思っていましたが、育誠館よりも笠井の方が一回り小さい体格で、少し驚きました!
結果3―0で勝利し、準決勝に駒を進めました。

準決勝
育誠館 2―0 知波田
先鋒・栄都、中堅・弥が良く攻め一本勝ちで決め、大将・海渡も攻めるが取りきれずに2―0で勝利、決勝に駒を進めました。

決勝
育誠館 1―0 積武館
反対側で、積武VS高山の準決勝が行われていました、高山柔道塾の先鋒が有効を取り、中堅戦引き分け、大将戦へと大将戦で積武館の大将が背負い投げを見事に決め、逆転の内容がちで決勝へ!
これで決勝の相手が積武館と決まりました。
先鋒・栄都が、背負いで、技あり一つ有効二つとポイントを取り勝利、本当は一本を取ってもらいたかったですが、まぁ~いいです。
中堅・弥は、積武の岡本君と!
一ヶ月前の個人戦で決勝で顔を合わす予定でいましたが、弥が準決勝でありえない負け方をしたので戦えませんでした、その時の優勝者が岡本君です、是非、試合でやらせて見たかったので、楽しみな試合です。
弥もよく攻め、結果、引き分けでした。
大将・海渡は、積武館の指導者渡辺先生の一番下の息子・渡辺jrとの対戦です。
正直、準決勝で背負い投げを見事に決めているので、どうかなと思っていましたが、海渡も頑張りました。
普通に試合をして、普通に引き分けてきました。
そして、1―0で勝利して優勝!

あとで気が付きましたが、19年・20年・今年21年と優勝しているので3連覇でした。

良く頑張りました、栄都・弥・海渡、おめでとう!!!

f0063216_11144476.jpg

[PR]

by kent100skent100s | 2009-01-27 11:16 | 柔道