高段者大会

改めて、日曜日の高段者大会を・・・

道場で自分を入れて3人+教員の後輩を入れて4人での出場で、応援の

後輩を3人連れて計7名で、浜松から愛知県武道館へ向いました。

予定では、少し早めについて武道館の駐車場へ車を止める予定でした

が、新極真の空手の大会と重なり駐車場は9時過ぎには、すべて埋まっ

ていました。

話は、横道にそれますが新極真の大会凄いですね!

愛知県武道館に入ろうと思ったら新極真の空手の大会の受付のちょうだ

の列、本当に100mぐらいはつながっていたような?

そして親子で気合入りまくりです。

アップ用に蹴りやパンチを入れる大きなプロテクタ~を、どの親子も持

ってるのには驚きました。

話は戻りまして、右側の狭い入り口から中に入り二階の柔道場へ、入り

口で受付を済まし、早速、柔道着に着替えアップ開始です。

皆が、打ち込みや柔軟をやってる中で、後輩と二人で乱取りの開始で、

10分ぐらい道場の隅の方ですけど乱取りをしていました、お互いに軽

く汗をかき、息も少し上がったぐらいになったのでアップ終了!

そして、知り合いの方に色々顔を会わせて挨拶に回りました。

試合は、17番目です。

何か、お互いに対戦者同士で会話している方もいましたが、自分達は空

気の読めない人間なのかも知れませんが、一切のしがらみを捨てて勝負

に徹してました。

試合場は、三面ある真ん中!

本部席の目の前です、本部席には東海柔連名誉会長のT先生や、

静岡県柔道協会のA会長が見ている目の前での試合です。

下手な試合は出来ません! 

さぁ~自分の番が回ってきました、相手について知ってる名前のみ!

今回は立ち技を捨てて、寝技勝負で行こうと最初から考えていました、

礼をして組み合って判ったのが、相手が右組み手という事、とくい技が

何なのかもちろん知りません。

組み合ってみましたが、相手は少し腰を引き気味で攻めてきません、多

分、わけ狙いなんですが、自分も精一杯やって分けならしょうがないか

なと思ってるので、精一杯やらしてもらいました。

まずは、少し動かしていきなりの巴、効きませんでしたが、そこから足

を取って相手を潰して自分が上になり寝技です。

相手は、もちろん防禦しますし、場外際なので場外に向って四つんばい

で必死ではい出て行きます、寝技に勝負をかけているので逃がしたくな

い自分はもう一度場内に引き込みます。

そして、亀になった相手を上から攻めます、右手で後ろ襟を後方から握

り、相手の上体を上に引き上げて左手を入れようと思いましたが、待て

がかかり、開始線に戻り立ち技から試合再開です。

1分近く寝技の攻防を行ったので、相手の息が少し上がり気味で相手を

動かしながら、チャンスを探していましたが、何故か相手が前のめりに

倒れこんでくれたその隙に、自分の右手を相手の頚の前方を滑らし右耳

側へ回し、そのまま前方に引き倒して右膝を相手に乗せ、自分の体を右

後方に倒して空いている左足を相手の手を押さえるように掛けて絞めま

した。

相手も堪らず参ったの合図で一本をとりました。

試合終了後に正面の記録係りへ結果を報告に行き、

その場で優秀選手の表彰をされました。

そして、試合を見て頂いてたので、本部席の東海柔連名誉会長のT先生、

静岡県柔道協会のA会長に挨拶に行きましたが、

一本勝ちに満足していただけ気持ちが楽になりました。

試合が終了してから後輩に、「あれが、40過ぎの五段のおじさんの試合ですか?」と、

言われてしまいました・・・

おかげで、二年連続の一本勝ちで、二年連続の優秀選手賞を頂きました。

f0063216_8591355.jpg


試合場内を見回して思いましたが、参加者がやたらデカイ!

若い選手は、特に大きな選手が沢山いました。

自分みたいに身長が165cm、体重が70kgちょっとの選手など殆どいませんでした・・・

また、来年の県・全国・東海と高段者大会に向けて稽古です!!!
[PR]

by kent100skent100s | 2009-07-07 10:06 | 柔道