全柔連:5月から全主催大会で国際ルール採用へ

全柔連:5月から全主催大会で国際ルール採用へ

 全日本柔道連盟(全柔連)は11日、東京都内で専門委員長会議を開き、

5月から全主催大会で、組み合わずにいきなり脚を取る

「タックル技」の禁止などを定めた国際柔道連盟のルールを

採用する方針を決めた。

18日の理事会、評議員会で承認を得たうえで正式決定される。

現在も国内大会は、ほぼ国際ルールで実施しているが、

4月の全日本選手権、全日本女子選手権など一部は、

講道館柔道試合審判規定で実施している。

両大会は当初、「タックル技」について警告を与えるルール改正で

対処する方針だったが、来年の大会からは国際ルールに一本化する。

毎日新聞より、以下ドレスでお確かめ下さい。
http://mainichi.jp/enta/sports/general/news/20100312k0000m050082000c.html

5月から全主催大会から採用みたいですね?

でも、小学生も全柔連主催の大会があるのでどうなるのかな?

少年規定は継続なのかな?

それとも廃止になるのかな?

全柔連から、正式な発表が何時あるのかわからないけど、

早く正式に発表してもらいたいです。
[PR]

by kent100skent100s | 2010-03-12 15:59 | 柔道