6年生を送る会

日曜日の夕方から毎年恒例の6年生を送る会があった。
新父母会長の佐々木さんを中心に父母会の人たちが企画し開催してくれた。(有難うございます)
ボ~リング大会に始まり、夕食会と何時もと同じ流れだが、今回は夕食会が焼肉ではなく、バイキング形式の料理だった!!!和・洋・中と色々な料理が並んでいて、子供に沢山食べさすつもりが、気が付けば子供たちより先に自分がお腹いっぱいになってしまった。
途中に、館長・父母会・指導者からのプレゼントなどを渡し、最後の締めくくりは6年生の挨拶になるが・・・だいたい毎年同じ内容になる、「小学生の時は有難う御座いました、中学生になっても柔道や勉強を頑張ります」そんな感じの挨拶が例年続いている・・・
ちょっと、頭をひねって考えてみた!!!先週の練習の時に作文の用紙を渡し「育誠館での思い出と、中学生に向けて」そんな感じの題で作文を書かした。
優介・智也も何も知らずに挨拶の言葉を言おうとしていたが、目の前におもむろに作文を出し大きな声で読ませてやった。
本人達はびっくりしていたが、ちゃんと考えて書いてきた文には聞いているうちに入り込み思い出が色々と湧き上がってきて思わず目頭が・・・
何時もの形だけの挨拶より気持ちがこもっていて自分は良かったと思った(自己満足100%)
ゴ~ルでも折り返し地点でもなんでもない、まだまだ通過点。線路のポイントが一つ切り替わっただけなのだから、まわりの景色は色々変わると思うが長い長い線路の上を全力疾走で駆け抜けていってもらいたい。
[PR]

by kent100skent100s | 2006-03-21 00:04 | 柔道