静岡県柔道祭 2

一回戦目が終了して、試合場の後方に集まり試合の反省をして試合場内が熱気で温度が上がってきてるので、一回ロビ~に出しク~ルダウン。外は大雨で湿度も高く子供達には、結構きついかも。
二試合目まで時間があったので、子供達を自由にし自分も試合場をグルグル回ってみて子供達の所に戻ると孝彦が・・・顔色が悪い、気持ちが悪いと・・・試合は出たいと本人が行っているがギリギリまで様子を見ることに、時間がたつにつれ、試合が近づくにつれどんどん悪化気味、幸いに交代要員が一人いたのでエ~ス孝彦を下げて先鋒に恵輔を。
試合場の補助役員に確認して、用紙を貰い記入して提出!これで手続き完了。
試合前に孝彦を二階の観覧席に連れて行き試合場に戻ると試合が始まっていました、恵輔は秒殺された模様・・・次鋒戦が始まる前に主審が自分の所に来て確認を、選手変更用紙を提出していたけど掲示が変わっていなかった為に主審が確認に、補助役員のミスが判明問題なく試合再開。
次鋒戦(竣VS浅賀)
去年の重量級チャンピオン、今年も連覇の可能性が高い浅賀君に竣が挑戦・・・・・・・・
挑戦したけどいいようにあしらわれて終わった、力の差が有りすぎ。
竣もまだまだ・・・・・
中堅戦(政勝VS山形)
この前の全少の予選では副将で出ていた県内では大きな選手、そこに軽量級の政勝がどれぐらい頑張るかと思ったが、割と簡単にやられて帰ってきた・・・いいところも何も無くただ、ただやられただけ・・・駄目だね~~~
副将戦(聖人VS大松)
5年生の大松君に聖人が負けるわけにはいかない、根性決めて行ってこいと言ったけど、やっぱり聖人大きい相手に下がることなく攻めて攻めて攻めまくってくれた結果、払い腰で有効 此処で一、勝つことが出来た。
大将戦(唯VS鳥沢)
鳥沢さん重量級東部4位・唯西部地区3位 県の個人戦に行けば当るかも知れない相手 下手な負け方はしたくない。唯に県に出たら当るかも知れないから個人戦と思って行ってこいと良く言い聞かせて出したが・・・簡単に負けた。
大仁さんには、ベストメンバ~で当りたかった。
錬心館さんは、代表戦までもつれて、そこで育誠館が勝ったのに二試合目にメンバ~変更してしまって、チ~ム事情で申し訳ありません。
[PR]

by kent100skent100s | 2006-05-09 18:46 | 柔道