第二回スポーツ豊川杯

昨年に続き新春一発目の試合です。
短いようで長い冬休みの最後の日曜日の大会です、子供たちはまだまだ冬休みボケの体で気持ちを柔道にそして三学期へと切り替えてもらわないと思っていましたが、やはりボケボケの二人がいました、なんと試合に出場するのに帯を忘れて来ました(さすがに、怒る気にもなれませんでした)
試合の方は、高学年が1~4が大石(愛知)・川口(福井)・神士館(静岡)・桜武館(愛知)
5~8が高山(静岡)・小牧(小牧)・羽田野C(愛知)・岡崎東レ(愛知) 9~12竹野(石川)・小坂井(愛知)・港武館(神奈川)・羽田野B(愛知) 13~16豊川(愛知)・育誠館(静岡)・津幡(石川)・富士市(静岡) 17~20岐阜市民体育館(岐阜)・羽田野A(愛知)・高月(滋賀)・瑞浪(岐阜)と各4チ~ムの総当たり戦の予選5リ~グに分かれていました。
育誠館は13~16豊川(愛知)・育誠館(静岡)・津幡(石川)・富士市(静岡)のリ~グに入っていました。一回戦目は豊川市柔道教室でした、先鋒の杏も踏ん張り引き分け4-0で勝ちました。
次が勝負処の富士市柔道会です。先鋒・大将は絶対に勝負にならないので真ん中三つを取って3-2悪くても2-2で代表戦にと考えていました。先鋒は簡単に取られ次鋒戦、ここはやはり竣が投げて押さえ込んで一本勝ち此処までは計算通り、勝つためには中堅戦も一本勝ちしないといけないんですが・・・途中旨く寝技に移行して押さえ込みましたこれで一本取ったと思っていましたが急に途中で手を離しまた縦四方から袈裟固めに移行しようとしました(えぇぇぇ???余分な事するなと思った瞬間に)「解けた」主審の宣告・・・18秒・・・勝負所が、試合が判ってない選手でした。副将戦で何とか取ってもらって代表戦にと思っていましたが相手のペ~スにはまり逃げられてしまいました。結局大将戦も秒殺され1-2で負けてしまいました。
試合後あまりにも怒れたので中堅に「も~試合は使わない、次の試合では外すから」一言、言って補助役員の所に行ってオ~ダ~を変更してしまいましたが、よくよく考えると次の津幡の中堅は78Kgの大型選手、中堅と変えたのが40Kgそこそこの女の子(あぁ~~~やっちまったか~~~)と、思いつ津幡戦は先鋒軽く捻られて一本負け、次鋒が取り返して1-1、問題の中堅戦相手が大きかったので思い切って振り回させて足技を連発させました、見事に作戦成功!足払いから小外掛けに移行して後に追った所見事に転がり技ありを取りその後も終始振り回し足技を連発して試合終了。
副将戦も勝ち3-1、次に問題の大将戦、試合前に大将に気合を入れるも始まってすぐに簡単に転がり一本負け・・・結果3-2で勝利するも2勝1敗のリ~グ2位で決勝ト~ナメントには進むことが出来ませんでした。
決勝ト~ナメントに上がったのは、大石・小牧・羽田野B・富士市・瑞浪の各5チ~ムで大石VS小牧の勝者が羽田野Bと決勝進出掛けて、富士VS瑞浪の勝者が決勝へ。
大石VS小牧は、大石が勝ち羽田野Bと決勝進出を掛けて戦いましたが、自力に勝る大石が勝ちました、富士VS瑞浪も瑞浪が勝上がり、決勝は大石VS瑞浪でした。
大石が次鋒の一点を守りきり1-0で勝ち、大石道場が2連覇を達成しました。

低学年の部は1~4ミキハウス(大阪)・羽田野C(愛知)・豊川市柔道教室(愛知)・神士館(静岡)5~8港武館(神奈川)・小牧(愛知)・小坂井(愛知)桜武館(愛知)9~12富士市(静岡)羽田野B(愛知)東方館(京都)竹野(石川)13~16岡崎東レ(愛知)・大石(愛知)津幡(石川)育誠館(静岡)17~19羽田野A(愛知)・高月(滋賀)・岐阜市民体育館(岐阜)20~22羽田野D(愛知)瑞浪(岐阜)トヨタ自動車柔道教室(愛知)の22チ~ム参加の6リ~グに分かれて予選を行いました。
育誠館は13~16岡崎東レ(愛知)・大石(愛知)津幡(石川)育誠館(静岡)に入っています。一回戦目は石川の津幡と対戦しましたが3-1で勝利しました。先鋒で出た涼も団体デビュ~戦を見事に一本勝ちしました。二回戦目に勝負処の大石戦となりました、勝負どころで使う予定の補欠の柚汰と交替させました。大石は大将が愛知県3年生チャンピオンの横山君、次鋒に愛知県2位の長尾君この二人のポイントゲッタ~と先鋒の吉田君が点を取って勝ってるような感じでした。
先鋒の吉田君は前回伊香郡の大会で海斗が対戦していたので何とか成るかなと思っていましたが体が大きかった、33kgの吉田君に23Kgの柚汰、学年も一つ違うし体重も10Kgも違うし!!!でも、終始攻めまくり背負いで2~3回背中に乗せてもう少し回せばと見せ場を作るも決めきれずに惜しくも引き分け。0-0
次鋒の長尾君(46Kg)VS友紀(27Kg)約20Kgの差、此処が勝負所。さぁ~どうなる事かと思っていましたが友紀が動きの中からうまく背負い技ありを取りその後も終始攻めまくり優勢勝ち、1-0となりリ~ド。
加古君VS海斗、加古君は伊香郡の大会で友紀と対戦している相手なので海斗なら何とか成ると思っていましたが、何とかしてくれました。内股で一本勝ち。2-0
田中君VS晴也此処も勝負処、何とか頑張って引き分けてくれ~~~と、思っていましたが。終わってみれば優勢勝ち???まぁ~いいや勝ったから。3-0チ~ムの勝利確定!!!
横山VS響、ここはチ~ムの勝利が確定しているので個人の勝負で行かせましたが、初心者の響には少し厳しい勝負になりました、結果3-1で大石道場に勝利。
予選リ~グの最終戦は岡崎東レ、大石道場にも勝っているので此処は必ず勝てると見ている人は思うけど、そんな簡単にはいかないような。
此処も次鋒に磯村君・春の愛知県2年生の個人のチャンピオンが、しかも47KgVS27Kgまたも20Kg差!!!
先鋒は、柚汰がきっちり取ってきて1-0、いよいよ次鋒戦喧嘩四つの二人友紀が果敢に攻めまくるがポイントが取れず試合も中盤に大内刈りに行った所を大きく外側に振られてうつ伏せに倒れるも審判は「有効」(あぁぁぁ~~このまま負けかな?)と、思った時に一気にtopgeaにUPまたも、さっきにまして攻めまくり組際に引き手を絞って落として大外狩りに、相手が後方に転がり技ありかなと思ったけど「有効」このまま試合は引き分けに。1-0
海斗が内股で勝利して2-0
晴也も頑張るが今回は取られて2-1
響が予選リ~グ最終試合を大将の意地で攻めまくるも取り切れずに引き分け。2-1で勝利し決勝ト~ナメントへ、相手は羽田野A・もしかすれば0-5で負け、普通にやれば0-3で負け。
えぇぇぇ勝てないじゃ!本当に勝てないんですよ、判ってるんですが。
結果0-3で負けて3位入賞。
羽田野Aに優勝してもらいたかったですが、竹野道場に代表戦の末に惜敗。

結果は下記の通りです。
高学年の部(4・5・5・6・6年)
     優 勝  大石道場  (愛知)
     準優勝  瑞浪修徳館 (岐阜)
     3 位  羽田野道場 (愛知)
     3 位  富士市柔道会(静岡)

   低学年の部(3年生以下5人制)
     優 勝 竹野道場   (石川)
     準優勝 羽田野道場  (愛知)
     3 位 ミキハウス  (大阪)
     3 位 育誠館    (静岡)

良く見ると帯を捲いていない子が約2名写っています。
f0063216_1230943.jpg

ここでも1名確認できます。
f0063216_12301569.jpg
f0063216_12302018.jpg

準備体操から飛んで表彰式です。
f0063216_12302669.jpg

響と晴也です。
f0063216_12303149.jpg

晴也は緊張プラス訳が判らない状態です。
f0063216_12303794.jpg

満面の笑みの低学年チ~ム
f0063216_1230427.jpg

そして、参加者&応援者での記念撮影。
f0063216_12304851.jpg


羽田野先生・羽田野の父兄の皆さん大会準備からお手伝いまでお疲れ様でした。
[PR]

by kent100skent100s | 2007-01-09 12:36 | 柔道