審判・判定

この前の県大会でも色々有ったみたいですが(http://www.ejudo.info/bbs/viewtopic.php?t=2271 http://www.ejudo.info/bbs/viewtopic.php?t=2250←の二つのペ~ジに色々書いて有ります。)
まぁ~当日(その試合では無いですが)審判をしていたので言い訳にしか聞こえないと思いますが言わせて貰えば、確かに審判各個人によって判定基準は違うように思えます。(統一してないといけないと思いますが)
特に掛け逃げ等の反則行為は、流されやすいと思います。(小学生は試合時間が2分間なので、早め早めに反則を取っていかないと、結局何も反則を取らずに試合終了になってしまう、小学生以外の中学・高校・一般の試合を多くする審判だと消極的姿勢や掛け逃げ等の反則の判定が遅いかも?)
積極的に取る審判は少ないと思います。(自分も、この前中学の試合で掛け逃げで注意まで取りました、試合後に反則を取られた監督さんが文句を言ってましたが・・・)
副審にしても、もっとアピ~ルをしてもいいし(これも、する先生としない先生との差が激しいような)三審制でやってるので協議をして反則を取ればと思います。
投げ技などの判定の時など、投げられた子が主審に向かって飛んで来る時や、主審と反対方向に飛んで行く時などで見え方がまったく違うので、同じように投げた技でも判定が変わると思います。主審の位置からは、有効(体が余りかえっていないように見えても)に見えても、別の位置から見ると一本に見える時なども有ります。
あと、皆さんはあんまり気が付かないと思いますが、父兄のマナ~も有ると思います。
子供さんの応援で力が入るのは判りますが審判に対しての暴言などを時々聞きますが余り感心できるもんじゃないと思います。
あと、子供も親も緊張するように審判も案外緊張しています、自分もあの試合を見ていましたがやっぱり見ている方が楽ですし、何でも言えますから。
決勝戦も難しい判定だった思いますが・・・
[PR]

by kent100skent100s | 2007-03-14 11:26 | 柔道