それぞれ

中学三年生が学校を卒業して数日が立ちましたが、今週始めからそれぞれの高校に練習に行くので道場での稽古も先週末の土曜日で終了しました。
長いようで短い中学の3年間でした、最後に記念写真を撮りましたがいつの間にか自分が一番小さくなっていました。

館長の隣の秀平・治道は自分が育誠館に来た時には、もういました多分年長か、1年生ぐらいだと思います、オレンジの帯をまいていました。

それから少しして孝純が入ってきました、その当時から6年生の終わりまで独特の髪型でキノコと皆に呼ばれていました、体が大きく力も強かったですが気が弱く試合では・・ぼちぼちでした。

その後、3年生の時に此処には写っていませんが壮市(現東海大相模)に騙されて桜井が道場に通うようになりました、なんでこの子が?て思う子でしたが、壮市が怖くて小学生の間はやめることも出来ませんでした、中学に上がる時にやめるの続けるのと言っていたので、取りあえず自分が頑張った証で黒帯を取れ、やめるのはそれからでも遅くない、その時にもう一度考えよ
さぁ~初段を取りましたが、サクにそぉ~言った事も忘れいました、気が付けば中学卒業まで柔道を続け、高校でも柔道を頑張ると、あそこで辞め様かと悩んでいたサクが・・・

サクの次に入ってきたのが侑暉でした、三四郎と一緒に入ってきて皆兄弟だと思っていましたが、まったく関係ない二人でした。
侑暉も小学生時代は、壮市・カツヒロ・瑞葉に隠れた4番手でしたが、上の3人が抜け中学生になるとシャンパンの栓が飛び出るように活躍をし始めました、最後には全中まで駒を進めました

壮市は、小学校を卒業と同時に東海大相模に行き頑張っています、高校に入っても中学以上の活躍を期待しています。

瑞葉は北浜東部中学に進み、団体戦で全中2位・個人戦は二年連続3位の成績でした、高校は地元で1番の進学校、浜松北高校に進みます。文武両道で高校でも頑張ってもらいたいです。

カツヒロは、お父さんがブラジル人で言葉の壁とか色々考えの違いとかで、親に振り回されて苦労したと思いますが天竜林業に進学します、姉に続いて高校でも頑張ってもらいたいと思います、お姉さんのバルボザ・ユリも育誠館に通っていました今はブラジルに帰国して柔道のナショナルチ~ムに入って頑張っています。この前のフランス国際にも出場していたみたいです。

それぞれが、新しい夢や目標を持っていると思います、其処に向かって、一歩でも夢や目標に近づける様に努力していって下さい。
大きく成長して育誠館一般部に戻って来て下さい。

f0063216_18315067.jpg

[PR]

by kent100skent100s | 2007-03-27 23:59 | 柔道