康生、3位決定戦でも敗れる/世界柔道

<柔道:世界選手権>◇13日◇男子100キロ超級ほか◇ブラジル・リオデジャネイロ

 2大会ぶり4度目の優勝を目指した男子100キロ超級の井上康生(綜合警備保障)と3大会連続優勝を狙った同100キロ級の鈴木桂治(平成管財)が、ともに2回戦で敗れる波乱があった。

 鈴木は格下のエジディ・ジリンスカス(リトアニア)に大外刈りを捨て身の技で返されて一本を奪われ、敗者復活戦にも残れず敗退した。

 井上は豪快な内またで1回戦を突破したが、欧州選手権覇者の新鋭テディ・リネール(フランス)に終了直前に足技を仕掛けた後、倒れた相手に投げ返されて有効を取られて敗れた。井上は敗者復活戦へ回り、3位決定戦へ進んだが、敗れた。

 女子78キロ超級で五輪女王の塚田真希と、同78キロ級で前回2位の中沢さえ(ともに綜合警備保障)は順調に勝ち上がり決勝へ進んだ。

[2007年9月14日10時34分]

http://www.nikkansports.com/sports/sekai-judo/2007/f-sp-tp0-20070914-255797.html
[PR]

by kent100skent100s | 2007-09-14 10:59 | 柔道