「世界のレベル上がった」谷亮子ら柔道日本選手団が帰国

(読売新聞 - 09月19日 20:03)
 ブラジルのリオデジャネイロで開催された柔道の世界選手権に出場した日本選手団が19日に帰国。

 女子48キロ級で7度目の優勝を果たした谷亮子(トヨタ自動車)、男子無差別金メダルの棟田康幸(警視庁)ら8人が記者会見した。

 谷は「言葉にならないくらい自分自身でも感動している」と笑顔を見せたが、日本選手団全体の成績をふまえ、「世界のレベルがまた上がったのかなと実感した大会だった」と振り返った。

 また、出発の際に長男佳亮(よしあき)ちゃん(1)に泣かれてつらかったエピソードを披露、「そういう子供の姿を見て、頑張ろうと思った。会えるのを楽しみに帰ってきたので、だっこしてあげたい」と顔をほころばせた。
[PR]

by kent100skent100s | 2007-09-20 10:59 | 柔道