静岡県西部地区柔道場連盟懇親会

11月25日の日曜日に多分始めての試みだと思いますが、静岡県西部地区柔道場連盟の懇親会が、開催されました。東は菊川から西は愛知県境の新居・湖西・三ケ日までです。

参加が有った道場は、育誠館、天竜体協柔道部、浜北柔道スポーツ少年団、浜松養神館、養神館植松、石黒道場、笠井柔道館、豊田柔道クラブ、大東柔道クラブ、袋井スポーツ協会柔道部、養武館、三ケ日少年少女柔道教室 、錬武館 、河合道場 、菊川スポーツ少年団 、知波田道場 、 秀心館の、17団体だったと思います。
育誠館の佐藤館長が柔道場連盟の会長をしており、佐藤先生の発案でそろそろ世代交代も有る ので、ご年配の指導者と若い指導者とが一同に介し交流を深めようと、忘年会を兼ねて懇親会を開催したようです、自分も出ろと言われただけで開催に当たってお手伝いも何もしてないので・・・
来賓として東海柔道連盟会長・静岡県柔道協会会長の高柳喜一先生もお見えになり、大変長いご挨拶と各道場の先生方とお話ができ楽しい時間を過ごす事ができました。

途中、浜北の一瀬先生が自分達の席に遊びに来て、まずはビールを皆に注いでガンガン飲んで、その後にワインをガンガン飲み飲ませ、その後酔って気分が良くなった崇の所に「会長に挨拶して来たか?まだか?よし行って来い」と行かせました、東海柔道連盟会長・静岡県柔道協会会長の高柳喜一先生の所に崇が意気込んで行きました、会長の前に正座をして座りましたがあれだけ大きく見えたからだが心なしかもの凄く小さく見えました、10~15分ぐらい正座したまま軟禁状態が続きました、その時に自分の隣にいた大東柔道クラブの岩倉・中島先生達が自分達も行った方がいいよねと言い出し崇が解放されてから行きましたが、今度は30分から40分ぐらい正座してお話しを聞かされていました、別に無理に行かなくても・・・まぁ~会長がいる時の恒例行事ですから。

諸事情により欠席の団体もありました、今回の開催にあたり、まず連盟費を滞納している団体があると会計の芝原先生の方から各団体の長に対してお話しが有り、今後どの様に徴収するかなどの方法も話し会っていました。(1年間・5000円)自分達のテーブルは少し離れた席で、その会話には関係がなく、同じ席には他団体の若い先生方が集まっていたので、そのお話の時に別の話しをしていて滞納金について関心も有りませんでしたが、帰りに佐藤先生と途中まで一緒にお話ししながら帰りましたが、その時滞納リストを見せてもらいましたが、滞納金の合計が30万円ぐらいになっていたと思います。
もの凄く驚きましたし、よく30万のお金が集まらないのに連盟が運営できていると思いました。お金を使わないようで、連盟で年に4~6回合同練習会を開催しその時の会場費やジュース代(200本)また、西部地区強化選手に柔道着を進呈  (8着ぐらい?でも、ワッペンに変わったかな?あぁ!やっぱりお金が無いから胴着じゃなくてワッペンになったんだ!)
自分が判るのがこれぐらいでその他まだ金が掛かってる所があると思います。
色々な意味で参加して面白かったです。

そぉ~言えば、Y〇館がまた大会をやるみたいですね、大会を減らせ減らせと言っているのに言っている先生のお膝元の大会は文句無しには開催するんですね。
大会を減らせと言っているけじめとして、自分の所の大会を辞めたらどうですか?
他道場の大会を廃止に追い込んで結構泣いている団体も有ると思いますが?
[PR]

by kent100skent100s | 2007-11-27 09:22 | 柔道