三四郎&壮太

今回の個人戦の予選で、育誠館OBとして-60kgで鈴木壮太(浜松西高校)、超級で新村三四郎(浜松商業)の二人が、インタ~ハイに出場する事になりました、おめでとうございます。
壮太は、県内でもTopレベルの中高一貫の公立の進学校に進み、中学校時代は育誠館に通いながら全中に出場、高校に入ると部活の練習以外に自分で練習場所や工夫をし今回インタ~ハイに出場する事になりました。
決して恵まれて環境ではないですが、高校三年間の努力が、今回、実を結び良かったと思います。
三四郎は、中学超級県チャンプとして浜商に入学して、怪我が重なり中々結果を出す事が出来ませんでしたが、今回はプレッシャ~の中、浜商のキャプテンとして、チ~ムを引っ張りながら今回の個人戦の優勝は、次の団体戦につながるものにしてもらいたいと思います。
この二人も、大学に進学すると思います、壮太には、この前はなしましたが大学を卒業して戻ってきたら、今度は育誠館の一般部として県の団体戦を優勝しよう。
多分、その頃には自分も無理なので、覚・健太・洋平・マッサ~・三四郎・壮太、こんな感じでチ~ムを組むのかな?
二人とも、インタ~ハイに向けて、怪我をしないように頑張って下さい。
[PR]

by kent100skent100s | 2008-05-12 13:10 | 柔道