柔道教室の小6男児重体、練習中に頭強打か…長野・松本

 27日午後9時10分ごろ、長野県松本市梓川梓の市梓川体育館2階柔道場で、梓川地区体育協会が主催する柔道教室に参加していた同県波田町立波田小6年の男子児童(11)が練習中に、急性硬膜下血腫(しゅ)で意識不明の重体となった。



 松本署の発表によると、男児は柔道教室の指導員の男性(35)と組み合っている最中、ふらついて「気分が悪い」と訴え、嘔吐(おうと)したため、救急搬送された。同署は、練習中に投げられ、畳で強く頭を打ったとみて調べている。



 同署や同市梓川支所によると、柔道教室は、小中学生を対象に週2回、約2時間開かれており、事故当時は約10人の小中学生が参加していた。男児は昨年夏から教室に通っていた。

上記の様に、他人事ではない記事が!
これから暑くなるので熱中症等もあるので、子供の体調の変化には特に気を付けて稽古をしないといけないと思います。
[PR]

by kent100skent100s | 2008-05-28 17:21 | 柔道