2007年 05月 02日 ( 1 )

お買い物(舞阪漁協)

29・30日と休みが続くので、30日に稽古をしようと思っていましたが、館長が東京に行っているので、道場が使えずに稽古が出来ませんでした。
カツオを取に船が出てると情報が入ったので、時間が空いていたので、たまにはお買い物に行ってきました。
以前は、よく舞阪漁協までお魚を買いに来ていました、最近柔道が忙しいのでご無沙汰気味で久々の買い物です。
船から降ろす魚に狙いを付けて、知り合いの仲買人にあの魚を落としてくれと頼んで買っています。

舞阪漁協です。
f0063216_11223244.jpg

丁度、アマダイ・舌平目・いしもちのセリをおこなっていました。
仲買人が札に値段を書き込み漁協の職員に渡します。
その札で、最高額の人が落札です。
f0063216_11223915.jpg
f0063216_11224568.jpg

南側の市場では、シラスのセリをおこなっていました。
青い籠(ボ~ラ)いっぱいに、生シラスが入っています。
f0063216_11224916.jpg
f0063216_11225612.jpg

一籠1万円から、物がいいのだと2万円ぐらいします。
セリも一列でおこなうので、一回に10万円以上の値段が付きます。
f0063216_1123376.jpg
f0063216_1123895.jpg

ここは、ボ~ラを洗う場所です。以前は手で洗っていましたが、最近ではある程度洗ったら自動籠洗い機に入れています(食洗機みたいなものです)
f0063216_11231351.jpg
f0063216_11231977.jpg

セリで落としたシラスは直ぐに加工場へ、運ばれていきます。
f0063216_11232356.jpg

シラスを船から降ろしている所です。
f0063216_11232818.jpg

魚の市場の活魚の生簀の中です。
カレイ・車えび・こち
f0063216_11233210.jpg

Hがに
f0063216_11233658.jpg

石垣鯛・コショウダイ
f0063216_11234171.jpg

ハモ
f0063216_11234588.jpg

平目
f0063216_11235056.jpg

この秤で魚の重さを測ります。
f0063216_1123545.jpg

本日の出船票です、漁に出た船の名前と漁の種類が書いてあります。
f0063216_1123589.jpg

小田原漁協で放流したアンコウの生態調査のお願いの紙です。
魚にタグが付いてあり、色で年度が分かれてるみたいです。日時、タグの色、大きさ、重さ、漁法、場所等を報告して下さいと書いてありました。
f0063216_1124593.jpg

漁協のお休みの日です。
f0063216_1124997.jpg

魚の水揚げです、この船は網で漁をしてきました。
手前の魚が、目光で奥の赤い魚がチョウカです。
f0063216_11241389.jpg

手前の赤いのは、エビです。
f0063216_11241769.jpg

目光が並びました、セリの開始です。
f0063216_11242288.jpg

チョウカを大きさごとに仕分けして、セリにかけます。
f0063216_11242750.jpg

1.7Kgのあおりいかです。
f0063216_11243192.jpg

こんな感じで魚の重さを量っています。
f0063216_11243515.jpg

まちにまった、カツオが並びましたが量が少なく、買うなら並んでいる一列全てを落とさないといけないのでやめました、ちなみに市場での落札価格が1Kg・3.800円ぐらいでした。
f0063216_11243951.jpg

ハモを降ろしている所です、歯が鋭く危険なのではさみを持っての作業です。
f0063216_11244312.jpg


で、何を買ってきたかと言えばマトウダイ(8.5Kg)と平目1匹を買ってきました。
マトウダイは、刺身と煮付けで、平目は5枚に降ろして身は昆布締め、あらはマトウダイと一緒に煮付けました。(魚をおろして、煮付けて食べれる状態にするまでが自分の仕事です)
[PR]

by kent100skent100s | 2007-05-02 11:54 | つぶやき