<   2007年 09月 ( 25 )   > この月の画像一覧

HP

HPのtopの写真を育誠館大会時の写真に変更しました。
[PR]

by kent100skent100s | 2007-09-12 11:09 | 柔道

静岡県四・五・六段審査会

四・五・六段審査会に言ってきました、無事に五段に合格・昇段する事ができました。
会場に着き一番最初に目に入った方が、先日全日本Jr-52Kgで優勝した藤枝順心の加賀谷さんのお父さんでした、今回は六段の方の試験にみえていました。
今回は、四段受験者が2名・五段受験者が6名・六段受験者が4名いました、五段受験者が6名のうち西部地区で自分・覚の二名、中部地区で荒木さん(県警)、東部地区で高岡さん(富士宮柔道会)・山田さん(三島柔道会)・土屋さん(伊豆市柔道会)の6名で実技(試合)&筆記試験をこないました。
試合も6名なので1試合で終わると思っていたら、2試合やりました、最近、稽古不足なので・・・
でも何とか、一勝一分けで終われてよかったです。
四段・五段と試合を行い、その後に六段受験者の形の試験を行いました、講道館護身術と柔の形ですが・・・

講道館護身術

徒手の部(としゅのぶ)十二本
甲、組み付かれた場合(1~7)
1 両手取(りょうてどり) 2 左襟取(ひだりえりとり) 3 右襟取(みぎえりとり) 
4 片腕取(かたうでどり) 5 後襟取(うしろえりどり) 6 後絞(うしろじめ) 7 抱取(かかえどり)

乙、離れた場合(8~9)
8 斜打(ななめうち) 9 顎突(あごつき) 10 顔面突(がんめんつき) 
11 前蹴(まえげり) 12 横蹴(よこげり)

武器の部(ぶきのぶ)十二本
甲、短刀の場合(1~3)
1 突掛(つっかけ) 2 直突(ちょくづき) 3 斜突(ななめづき)

乙、杖の場合(4~6)
4 振上(ふりあげ) 5 振下(ふりおろし) 6 双手突(もろてづき)

丙、拳銃の場合(7~9)
7 正面附(しょうめんづけ) 8 腰構(こしがまえ) 9 背面附(はいめんづけ)

柔の形

第一教
1突出(つきだし)2肩押(かたおし)3両手取(りょうてどり)4肩廻(かたまわし)5腮押(あごおし)

第二教
1切下(きりおろし)2両肩押(りょうかたおし)3斜打(ななめうち)
4片手取(かたてどり)5片手挙(かたてあげ)

第三教
1帯取(おびとり)2胸押(むねおし)3突上(つきあげ)4打下(うちおろし)5両眼突(りょうがんつき)


講道館護身術24本・柔の形15本、計39本!これを覚えないと六段になれないなんて・・・大変なことだと思いました。
四段・五段の形に関しては、各地区で試験をし、合格して来ているので県では試験は行いませんでした。
六段受験の方は、県で試験をして合格すると次に東海地区の試験に挑みます、そこで合格できるとはれて六段に昇段することが出来ます。
六段受験者の方は東海の試験も無事に合格してきてもらいたいと思います。
[PR]

by kent100skent100s | 2007-09-10 09:12 | 柔道

台風で・・・

本日は、台風の影響により、小学校が12時に集団下校になりました・・・・
自動的に、夜の稽古も中止になります・・・
[PR]

by kent100skent100s | 2007-09-06 12:54 | つぶやき

新学習指導要領で?

男子も女子もダンス・武道…中学体育で必修案

中央教育審議会の専門部会は4日、今年度内にも改定を予定している学習指導要領で、中学校の保健体育の授業の中で、武道とダンスを男女とも必修とする案をまとめた。

 幅広い競技を授業で教え、子供たちに生涯楽しめる運動を見つけさせるためで、武道には礼儀作法を身につけさせる狙いもある。

 中教審は、昨年12月に改正された教育基本法で、教育の目標に「伝統と文化の尊重」が掲げられたことから、「武道は日本の伝統や文化を知るために役立つ」と判断。1、2年時に水泳や陸上競技、ダンスなどとともに教えることにした。

 新指導要領は早ければ2011年度から実施される予定。

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20070904it12.htm
(読売新聞より)

上記の様な記事が有りました、中学校の体育で武道が必修科目になるみたいです(柔道&剣道どちらかだと思いますが)、浜松市内の現状は、半数ぐらいの中学校にもの凄く立派な格技場が有りますが、今ではほとんどの学校が卓球場として利用しています・・・
自分が中学生の頃から考えると、柔道部が有る学校が3分の1程度の減ってしまいました、理由は指導者不足と、危ないとの事です。
これを機に、少しでも柔道に触れる子供が増えてもらえれば、できれば柔道部を増やしていってもらえればと思います。
[PR]

by kent100skent100s | 2007-09-05 09:27 | 柔道

昇段審査会

昨日、久し振りに審査に役員としてお手伝いに行ってきました。
此処数回、少年の予定が入ったりして出席できませんでしたが、昨日は何も予定が無く参加することが出来ました。

毎回思うのですが、人数が少なく思えます・・・(初段の昇段審査会に人が少ない=柔道人口の減少なのでしょうか?)
その少ない人数の中で、体格のいい高校生や一般・ブラジル人(ブラジル国内の黒帯は、講道館で認められたものでないので、日本国内(講道館)で改めて取り直します。)が、目だっていました。
中学生の体の小さな子には気の毒ぐらいの感じがしました、現に体格のいい一般の方に大外刈りを掛けられ後頭部から畳の上に落ち一時意識を失い救急車で病院に行く事故も有りました。(まぁ~試合なのでお互いに一生懸命にやっているのでしょうがない所も有りますが)
たまたま、中学校の先生とその時に、話す機会が有りお話しましたが、中学の先生側から言わしてもらえれば、何個かのグル~プに分かれて紅白戦を行っているので、体格を合わせてグル~プ分けをしてくれれば、今回のの様な事は無かったかもと、おっしゃっていました。
骨を折ったぐらいなら、まだいいかも知れませんが、投げられて、その後意識を失いピクリとも動かないのは、本当に怖い事です・・・(後で、病院から柔道協会に連絡が有り、たいした事は、無かったようです)
まぁ~現に今の団体戦は、体重順にオ~ダ~を組む事が決まっているので、体格を合わせたグル~プ分けでもいいと思います。
(自分が小学生・中学生の頃には、オ~ダ~は自由だったので、一番軽いものが大将に入った事も有りました。)
本当に、大事故に成らずに、良かったと思います。
実技(試合後)の後は、筆記試験が残っていますが、筆記試験を見ていて高校の先生が「最近の子は、柔道の歴史も何もしらなすぎる、もう少し柔道について勉強をしてもらいたい」と、高校の先生はおっしゃっていました、確かに自分も試験管になり、筆記試験のときに会場を回りますが、書けない子が多すぎるのは感じていました、もう少し技術以外でも、柔道の勉強をしてもらいたいと思います。
育誠館では、翔馬と優介が出場しました。
翔馬が5人抜きまで行き、後一人で抜群で昇段する所まで行きましたが・・・6人目で力尽き、おしくも昇段出来ませんでした。
優介は、一回目のブラジルの方と試合をしました、必ず守るように出した指示は、「寝技で関節を取られたら参ったして来い」でした、此処で無理して怪我をされてもたまらないので・・・
結局一回目は引き分けで、二回目に6人抜きで抜群で初段することが出来ました。
今まで中学で活躍してきた先輩達も、同じように抜群で昇段して、3年の夏には大きく羽ばたいたので、取り合えず同じスタ~ト位置にはついたはずです、同じ道を歩む気なら此処から今まで以上に頑張っていかないと、先輩達に追いつけないと思うので、此処から先の頑張りに期待したいです。あとは、怪我をしないように稽古を積んでいってもらいたいと思います。
[PR]

by kent100skent100s | 2007-09-03 18:07 | 柔道